iPadでWordPressを更新するには


モバイル環境を可能な限り軽量化する事で、とにかく家から出るように画策している人もいると思います。
筆者もその類で、第3世代iPad Proを持ち歩く事でノートパソコンを持ち歩かなくなってきました。

が、しかし問題が。
iPadからWord Pressを更新しようとすると、何かと問題が発生。具体的には以下の2点が致命的でした。

① Safariで記事を作成していると、テキスト量が多くなると表示が異常になる事がある。
② 画像をアルバムから投稿は出来るが、サイズの変更が出来ない。

ちょっと工夫したり我慢すれば更新は出来ましたが、それが意外と苦痛でやる気をなくしておりましたが、ふと思いつきで探してみればあるものです。

①の問題
iOS版のChromeを使ってみたところ、普通に更新することが出来ました。
iOS機器にはSafari、という先入観は良くありませんね。

②の問題

ImageResize
ImageResizeのアイコン

アプリを探してみたところ、ImageResizeというアプリがありました。
iPad版Photoshopが発表された当時、それはそれは期待したものでしたが、現場では正直Web向けの画像を作るどころではない状況です。なんと言っても画像の解像度変更が出来ませんので。
ImageResizeなるアプリ、画像の解像度、圧縮率を変更出来て大変便利です。これでiPadからもWeb用に画像を作成できるようになりました……

何故画像のサイズ(解像度)を変更するのか、一応説明しておくとiPadやiPhoneで撮影、編集した画像は非常にサイズが大きく、Webの記事に使用するとレスポンスが低下してしまうからなのです。
ページが表示されるまで時間がかかるとストレスです、故に必要なサイズへと変更するわけですね。

ImageResizeの画面
ImageResizeの画面。
フィルタをかけたりも出来る。

画像を複数の画像を変換したい場合は同じ作者のMagicResizeが便利なので、そちらもどうぞ。

これでサイトが更新しやすくなりました。
更新が非常に遅い当サイト、これで更新速度を上げられるよう頑張ろうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です